郁子 匠(うべ・たくみ)

 東京日本橋生まれ。元アマチュアレーサーで、その経験をもとに書いた「レーシング・ドリーマーズ」が、あさのあつこ、後藤隆二両氏が選考委員をつとめる第6回ジャイブ小説大賞の入選作になる。入選作を改題した「レーシング少女」を刊行。

 レーシング作家として、チーム・ライディングスポーツより、ツインリンクもてぎ・7時間耐久レース【もて耐】に参戦。

 2017年11月18日、マイクロマガジン社より「天竜川高校 竜競部!」を刊行。

 ご連絡は下記のアドレスまでお願いします。

(迷惑メール対策のためアドレスは画像になっております)


 

レーシング少女 レーシング少女 努力型と天才肌の、対照的な女子レーサーの物語知られざる男女今暁競技「ミニバイクレース」に賭ける、高校生レーサーたちの熱い日々第6回ジャイブ小説大賞入選作 こんな世界があったのかと、胸が高鳴りました。 あさのあつこ(選評より)

 

 悠真は勝気な16歳。幼い頃からチャンピオンの夢を追い、努力を重ねる女子高生レーサーだ。負け知らずの彼女の前に現れたのは天才肌の美少女レーサー・幸佳。ライバルの、華麗でアグレッシブな奔りに打ちのめされ、悠真は次第に自信を失って……。
 男女混合のミニバイク競技で、己のすべてを賭け、激しく争う対照的な女子ふたりと仲間との、騒がしく、ときに苦いレースの日々をあざやかに描いた、青春スポーツ小説。【解説/大矢博子】

 ポプラ社の書籍情報をご覧いただけます。立ち読みコーナーもあります。担当編集さんによる「青春小説紹介」もご覧ください。


ポプラ社 amazon.co.jp