第二十八回文学フリマ東京(令和元年5月6日)に参加します。

来る令和、そしてゴールデンウイーク最終日、5月6日(月・振替休日)に開催される、第二十八回文学フリマ東京に郁子匠は参加いたします。

 出店名は「書肆 郁子匠」です。文学フリマ公式カタログページはこちらです。

 当日頒布するのはコミックマーケット95で刊行した「レーシングデイズ」のスピオンオフ長編小説「遺書を書くには最高の日 Chapter1」と、その続きで新刊の「遺書を書くには最高の日 Chapter2」です。

遺書を書くには最高の日 Chapter1「遺書を書くには最高の日」のあらすじ

 夢に破れた女性バイクレーサー・本村海は引退後、煮え切らない想いを抱えて日々をやり過ごしていた。

 そんなある日、旧友の結婚式で、かつてのレース仲間、森屋実篤の事故死を知る。海は言葉を失い、困惑する。その事実を一年以上も知らなかった。知らされもしなかったからだ。しかもその死には自殺の疑惑があった。

 森屋の死の真相を知ろうとする海。しかしそれは、己の人生と対峙することを意味していた。

 夢を追う苦しさと喜び、そして精一杯生きる意味を問う、切なく熱い青春ストーリー、開幕の第一章。

※Chapter1は長編小説「遺書を書くには最高の日」の第一章を抜粋したものです。

BOOTH 書肆 郁子匠

Chapter1はBOOTHにて通信販売を行っております。

 

*  *  *

 

遺書を書くには最高の日 Chapter2

【文フリ28 新刊】「遺書を書くには最高の日 Chapter2」のあらすじ 【ネタバレ】

 森屋の死を知ってから一週間。海は家業の仕事に忙殺されていた。

 クレーマーおばさん。そりの合わない父親。いつの間にか目減りしていた己の可能性。将来の不安を、気の置けない常連客との息抜きで紛らわす。なにかを置き去りにした。そんな想いを引きずって、海の毎日は過ぎていく。

 そんな海の心の支えが、メカニック兼監督としてレースに参加することだった。

 レースが終わり、疲れ切った海の前に現れたのは、友人のレーサー月足晶。森屋のことをそれとなく訊くが、彼の口が出た言葉は、海の思いもよらないことで――。

 夢を追う苦しさと喜び、そして精一杯生きる意味を問う、切なく熱い青春ストーリー、第二章。

※Chapter2は長編小説「遺書を書くには最高の日」の第二章を抜粋したものです。
 

*  *  *

 

 書肆郁子匠の配置は【サ-38】です。会場配置図はこちらです。

文学フリマ東京28 書肆郁子匠 配置図

文学フリマ東京28 書肆郁子匠 配置図(クリックorタップで大きな配置図が表示されます)